wearaこのページをシェアして健康の輪を広げる

Twitter Facebook LINE
MENU

MENU

TECHNOLOGY

ファッションの内側に潜む、
最新のセンサーを内蔵したCORE

ファッションの内側に潜む、最新のセンサーを内蔵したCORE

wearaはファッショナブルなルックスの内側に、
COREと呼ぶ最新のセンサーが詰まった
エンジンをもつ、最新テクノロジーの塊です。

Nordic Semiconductor製統合SoC

Nordic Semiconductor製統合SoC

IoT機器などでも標準的に使われているNordic Semicondutor製「nRF52832」を統合エンジンとして採用、アルゴリズムなどを計算しつつも超低消費電力で駆動します。また、最新のBluetooth 5によるスマートフォンとの接続や利便性の高いNFCペアリングを提供します。

独BOSCH製モーションセンサー&温度・気圧センサー

独BOSCH製モーションセンサー&温度・気圧センサー

活動や睡眠を計測する3軸加速度センサーとして、加速度センサー大手BOSCH製「BMA400」を採用。精度の高い歩数やランニング測定をすることができます。同じく気圧センサー「BMP388」を併用することで、階段昇降なども加味したカロリー計算や温度計測をすることが可能です。

米TI製光学エンジン駆動による高精度PPGセンサー(心拍)

米TI製光学エンジン駆動による
高精度PPGセンサー(心拍)

TI製アナログフロントエンド(AFE)「AFE4900」を使用することで、LEDを使用したPPG(光電脈波法)で心拍数だけでなく、HRV計測によりさまざまな身体情報を計測することができます。より精度の高い睡眠計測のためにもPPGセンサーからのデータは重要な役割を果たします。

世界最大クラス大容量バッテリー内蔵で約1ヶ月連続駆動

世界最大クラス大容量バッテリー内蔵で約1ヶ月連続駆動

オリジナルリチウムポリマーバッテリーとさまざまなパーツ選定と内部構造デザインを工夫したことにより、約1ヶ月連続駆動を実現。煩わしく装着し忘れを誘発する充電回数を圧倒的に低減しました。これにより、wearaは心拍センサー(PPG)を搭載し常時計測しているウェアラブルデバイスとしては、世界最長レベルの長時間駆動を誇ります。さらに、weara本体への充電も約1時間で80%以上高速充電できるため、記録できない時間は最小限です。

センサーからのビッグデータを
機械学習・統計分析

すべてのセンサーデータはビッグデータとして機械学習にかけたり統計的手法により、活動、睡眠、バイタル情報との相関関係を見いだし、改善提案に繋げることを可能としています。

センサーからのビッグデータを機械学習・統計分析

自動運動判別

ウォーキング、ランニングの運動についてはセンサーが自動的に判別し、それぞれのアクティビティを記録し、適切なカロリー計算を実施します。なお、アプリから明示的に記録をスタートさせることもできます。

自動運動判別

サイレントアラームとスマートアラーム

毎朝の起床時には、アラーム音ではなくwearaに内蔵されたバイブレーターでアラームをセット可能。家族やパートナーをアラーム音で起こしてしまうことなく、振動で自分だけに通知して起きることができます。また、睡眠のサイクルを解析し、一番起きやすい浅い睡眠時にバイブレーターが振動で起こしてくれるため、起床後もボーッとしてしまう「睡眠慣性」が働かずに、すっきりと起床することができます。

サイレントアラームとスマートアラーム