wearaこのページをシェアして健康の輪を広げる

Twitter Facebook LINE
MENU

MENU

TEAM

wearaプロジェクトチーム

wearaプロジェクトチーム

ほっしぃ(Hossy)ブランドプロデューサー

ミュージシャンになるつもりで青春時代をかけた音楽からMacの道に入り、その後にApple周辺機器を販売するトリニティ株式会社を起業。オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。口癖は「諦めたらそこで試合終了」と「宝くじは買わなければ当たらない」Twitter:@hosinity

らいら(Lyra)プロダクトマネージャー

大学卒業後、一般企業の営業職を経て、25歳でライターとしてフリーランスの道へ。主要IT系メディアでの記事作成や、月刊誌の編集および執筆に携わる。wearaでは全体のディレクションや睡眠・アクティビティ関連のコンテンツ制作を担当。健康に関する正しい知識をユーザーが楽しく学べるアプリづくりを目指している。Twitter : @lyrahm

謙大郎(Kentaro)アートディレクター

大学卒業後デザイン事務所に就職し、広告デザインやセールスプロモーション、グラフィックデザインなどを手がける。その後フリーランスとして独立し、2011年にデザイアドライン株式会社を起業。トラディショナルなベースを現代的にアレンジするデザインが高く評価され、商品のブランディング、パッケージデザインなど、デジタルから紙媒体まで幅広い分野で活躍している。トリニティでは、wearaのほかにも「Simplism」のアートディレクションなどを手がける。

大暉(Daiki)プロダクトデベロップメント

大学では経営学を専攻し、在学中にプログラミング学習を始める。カナダへの留学中にプログラミングの可能性をさらに強く感じ、帰国後IT系の企業でプログラマーとして働いた後に、株式会社MIKKEを設立。フリーランスのみで構成されるチームで、さまざまな企業の経営企画から制作のディレクションなどをメインに行なう。wearaではアプリ開発を担当。「自分が納得できるアプリにすること」を意識しつつ、開発者それぞれの特性を活かすことで、より良いものを制作できる体制づくりに注力している。

About Trinity

www.trinity.jp

2006年に創業したトリニティ株式会社は「デジタルライフを豊かにする」というスローガンの下、選りすぐったブランドと消費者を繋げる橋渡しになるべく、デザインに優れた製品やアイディアに富んだサービス、また、他にはない光る部分を持ったユニークなラインナップを圧倒的なスピード感をもってコストパフォーマンスを最大限に引き出し提供していきます。トリニティ=「三位一体」として「繋がり」により物事を成し遂げていくという理念に近い言葉です。

スマートフォンが存在しなかった時代からApple周辺機器を作り続け、業界を牽引するブランドとして10年以上支持され続けるSimplismブランド、2015年発表以降ロングセラー製品を作り続けるNuAnsは、いずれもトリニティのオリジナルブランドです。NuAns NEOは、iPhone以来の「スマートフォン業界に一石を投じるデザイン」として、グッドデザイン賞 BEST 100、iFデザイン賞 ゴールドを受賞しています。